excel加算

EXCEL 加算解説

excel加算解説

足し算で使う記号

エクセルで足し算をする場合に利用する記号(正式には演算式と言う)は、「+(プラス記号)」(半角文字)です。

足し算の記号(+)を入力する方法

この「+」記号の入力は、半角英数モードで、キーボードの【Shift】+【れ】キーで入力できます。 もし全角の「+」が表示された場合(日本語モードで入力した場合)には、変換が確定する前にキーボード上部の「F10」キーを1回押すと半角文字に変換されます。 (ちなみに、エクセルはとても賢いので全角で入力しても自動で半角に変換してくれます。)

足し算の入力例

A2セルとB2セルの値を足し、C2セルに計算結果を表示させたい場合は、以下の式をC2セルに入力します。 (全ての文字は半角英数で入力してください。エクセルの計算式は基本全て半角英数を入力しましょう。)

=A2+B2

トビトビの離れたセルの足し算

離れたセルでトビトビだとしても、足し算できます。

=A1+B3+C5

この様に、合計したいセル番地を”+”(プラス記号)で繋げていけば、どんなに離れていても、いくつあっても計算することが可能です。(実際には計算式は文字数制限があるので無限ではない)

別シートのセルの足し算

別シートのセルを足し算することも簡単です。

=Sheet1!A1+Sheet2!C3+Sheet3!E5+Sheet4!G7

この様に、合計したいシート名とセル番地を”!”(通称ビックリマーク(エクスクラメーション記号))で繋げて、更に”+”(プラス記号)で繋げていけば、別シートの値でも合計することが可能です。 ビックリマークはキーボードの【Shift】+【1】キーで入力できます。